活躍する修了生

言語系コース「国語」からは、小学校の教員をはじめ、中学校・高校の国語の教員を多数送り出しています。また、修了後数年を経て大学に研究者として就職する修了生もいます。

本学には他大学と連合して運営する博士課程があり、教職のスペシャリストや研究職に就きたい修了生は、そこへ進学し、さらに研究を深めています。もちろん、本学以外の博士課程へ進学することも可能です。

国語科教育に限らす、国文学や国語学等の専門分野においても、研究会や学会で論文を発表するなど研究活動を積極的に行い、各方面で活躍しています。

[就職先例一本学附属小学校・附属中学校、新潟大学附属小学校、筑波大学附属小学校、中越高校、富山中部高校、秋田高専、関東学園短期大学、秋田県立大学、共愛学園前橋国際大学、文教大学、金沢大学、信州大学、岩手大学、中央大学校(韓国)、上海師範大学、文化庁文化部国語課、本学]

 

修了生からのメッセージ

平成24年度修了生 佐藤 菜紀(相模原市公立小学校教諭採用)

 2年間の大学院生活では、講義・研究・就職活動のどれもが充実していたと思います。私は言語系(国語)コースで、免許取得プログラムを受講しながら研究を進めてきました。免許取得プログラムを受講すると他の院生に比べて多忙になりますが、多くの方々に支えられ、理論とともに実践的な方法も併せて学ぶことができました。ゼミの先生には修論だけでなく、生活や進路に関する御助言もいただきました。また、国語科の先生方の講義では様々な分野に触れることができ、知識の幅が広がりました。私か神奈川県相模原市の採用試験に合格できたことも、国語科の先生方、そして早朝から深夜まで一緒に頑張ってくれた院生みんなのおかげだと思っています。国語科では温かく見守ってくださる先生方、そして熱い仲間があなたを待っていますよ。ぜひお越しください。

平成26年度修了生 白岩 ゆき(東京都特別支援学校中高国語教諭採用)

 私は他大学を卒業後、一度就職しましたが、書写書道に関する勉強とそれを活かした仕事がしたいと思い、この大学院を知りました。知らない土地に行く等の不安もありましたが、オープンキャンパス等で国語科の先生が丁寧に相談にのってくださいました。

 そして入学し、国語コースで、免許取得プログラムを受講しながら研究を進めました。さらに勉強していく中で、特別支援教育にも関心を持ち、特別支援の免許取得プログラムも受講しました。免許取得プログラムを受講すると、他の院生に比べてかなり多忙になります。ですが、頑張ればたくさんのことが学べるとてもいい環境です。ゼミの先生は研究の指導だけでなく、生活や進路に関する助言など、本当に親身になって御指導くださいました。また、国語科の先生方の講義では様々な分野に触れることができ、知識の幅が広がりました。

 3年間の大学院生活では、講義・研究・就職活動のすべてを充実させることができました。これらをやり逐げることができたのは、国語科の先生方、そして早朝から深夜まで一緒に頑張ってくれた院生みんなのおかげだと思っています。国語科では温かく見守ってくださる先生方、そして熱い仲間があなたを待っていますよ。ぜひお越しください。